震災時、ペットと一緒に避難できる?できない? 震災時、ペットと一緒に避難できる?できない?

ワンちゃんやネコちゃん、その他のペットを飼っている飼い主さん!
災害時にペットと一緒に避難できる避難所をご存じですか?
もしもの時のために、飼い主の心得として、知っておいて損はナシ!
ここでは、ペットと避難が可能かどうかを実態調査した結果をご紹介します。

我が子と離ればなれ?
気になるペットの対応!
東京都下
避難所実態調査!!

環境省が定めている「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」では、避難所でのペットの受け入れに関して、基本的に「同行避難」が原則となります。以下、東京都下別の対応等、調査結果を掲載。 >東京23区編はこちら
●同行避難…… ペットと一緒に避難所に避難すること
※人とペットのエリアが分かれていることが多い
●同伴避難…… ペットと一緒に避難所に避難し、同じ場所で待機すること
地域
(総評★)
OK/NG 対応(犬の登録頭数)
編集部コメント
稲城市 稲城市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(4,209頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。「動物同行避難健康手帳」を配布している。
清瀬市 清瀬市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(2,796頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。避難所運営の手引きにペットの記載あり。
国立市 国立市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(3,147頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。「国立市避難所運営ガイドライン」にペットの記載あり。基本的には連れて行って良いが、各小中学校ごとにルールが決まっている。防災マップもあり。
小金井市 小金井市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(4,418頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。「避難所運営マニュアル」にペットの記載あり。総合防災訓練があり、動物の避難についてのブースもある。
国分寺市 国分寺市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(4,987頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。獣医師会が運営している避難訓練がある。
小平市 小平市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(8,238頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。
狛江市 狛江市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(2,997頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。
立川市 立川市 ★★★★★ OK 区内の全避難所で
同行避難が可能
(7,261頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。避難所に「ペットの防災倉庫」の設置活動をしている団体がある。
多摩市 多摩市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(5,809頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。
調布市 調布市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(8,314頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。
八王子市 八王子市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(29,476頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。ガイドラインやQ&Aあり。安全な飼育場所を確保することを考えている。
東久留米市 東久留米市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(5,179頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。
東村山市 東村山市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(7,091頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。マニュアルは転入の際に防災マップと一緒に配布している。
東大和市 東大和市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(3,840頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。動物飼育者の避難所パンフレットあり。
日野市 日野市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(8,453頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。ガイドラインや愛犬手帳あり。
町田市 町田市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(25,420頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。ガイドラインあり。
三鷹市 三鷹市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(6,544頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。ガイドラインあり。
武蔵野市 武蔵野市 ★★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(4,870頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。ガイドラインあり。どこの避難所でも可能な範囲でキャリーゲージ等に入れてしかるべき場所へ避難。10月に同行避難の防災訓練もあり。
あきる野市 あきる野市 ★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
4,734頭
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。
昭島市 昭島市 ★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(5,308頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。地域防災計画に動物救護記載あり、避難所運営委員会で方針を決めている。
青梅市 青梅市 ★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(7,451頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。災害時における動物救護に関する協定を締結しているが、今まで前例はない。
西東京市 西東京市 ★★★★

OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(5,134頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。各避難所により、運営方式は異なる。
府中市 府中市 ★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(9,537頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。
福生市 福生市 ★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(2,462頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。
武蔵村山市 武蔵村山市 ★★★★ OK 市内の全避難所で
同行避難が可能
(3,924頭)
市内全部の避難所でペットとの同行避難が可能。避難の際のペットグッズ(ゲージ等)は、基本的には飼い主が事前に準備をしておく必要がある。平成28年1月21日に公益社団法人東京都獣医師会多摩西支部と災害時における動物救護活動に関する協定締結。
羽村市 羽村市 OK
対応不明
(2,653頭)
対策を進めているような記述はあるが、今のところ不明。ルールを定めている状態。

【総評基準】

★5…区内全域OK、ガイドラインあり   ★4…区内全域OK、ガイドラインなし   ★3…区内一部OK、ガイドラインあり   ★2…区内一部OK、ガイドラインなし   ★1…対応不明

※犬の登録頭数は、東京都福祉保険局の「平成28年度 犬の登録頭数・狂犬病予防注射頭数(東京都内区市町村別)」を参照

避難所には、さまざまな人が避難してきます。救護においても、災害時はペットよりも人が優先される状況です。また、全ての人が動物好きというわけでもなく、動物アレルギーを持った人も避難するため、同じエリアでの生活は現実的ではありません。そのため、ペットを飼っている人同士が助け合い、避難生活を行うことが最も重要となってきます。
大型犬やペットの種類・性格によっては、共同生活が難しいなどの理由から自宅でも安全とされた場合、自宅での避難という選択もあります。
避難される場合には、共同生活において、飼い主に問われるのが『しつけ』です。日ごろから周りに迷惑をかけないような『しつけ』を心がけるなど、意識を持っておくことで混乱を防ぐこともできます。

◆ 飼い主が行うべき対策の例

  • <平常時>

    • ● 住まいの防災対策
    • ● ペットのしつけと健康管理
    • ● ペットが迷子にならないための対策
      (マイクロチップ等による所有者明示)
    • ● ペット用の避難用品や備蓄品の確保
    • ● 避難所や避難ルートの確認等の準備
  • <災害時>

    • ● 人とペットの安全確保
    • ● ペットとの同行避難
    • ● 避難所・仮設住宅におけるペットの飼育マナーの遵守と健康管理